ダメリのブログ

日々の失敗・キャリア・プログラミング・株・毎日の失敗等。誰かの役に立てれば幸いです。

『ピンチの際にレモンしか持っていなくても大丈夫。目潰しに使えるから』

どもっ

ダメリです。

 

今これ読んでます。

Amazon CAPTCHA

 

社会人も早いもので間も無く6年目に突入。

驚くべきことにこれ読んだことないのです。(ちな7つの習慣はあるよ。けどビジョナリーカンパニーはないよ。自己啓発系の本は苦手だよ。心が苦しくなるよ。あ、けど気嫌われる勇気は読んだよ)

 

読むことになったきっかけはちょっと前に楽天で50%オフで売られていたから。

「50%オフならば・・・」ということで購入をしてみました。

 

まだ読んでいる途中なのですが、感想としては「まぁ・・・こんなもんか」てな感じ。

 

けど読みやすくて良いですよ。活字は少なく、図説もあるのであっという間に読むことができるので、本筋を把握しやすいです。個人的な考えですが、自己啓発本なんて大体似たようなこと書いてあるんだから、薄くて読みやすいやつで十分だと思ってます。

 

折角なのでこの本で自分の振り返りをしてみました。結構自分の課題・弱点が見えてきました。

 

『レモンがあるならレモネードを作れ』

 

あなたはRPGゲームの主人公で、ラスボスと戦っています。仲間の戦士や魔法使いは死亡しており、自分のHPも4のみMPは底をついてます。片や相手はまだピンピンしてます。なんならこれからフルマラソンにでも出ようかと言うくらい興奮しております。
あなたの持ち物はレモンのみ。そんな状況下であなたならどう考えますか?

 

まぁ普通に諦めますよね。だって頼れるのはレモンのみですもん。ビタミンC摂取したところで・・・ねぇ?

 

ただこの思考は愚か者の思考のようです。成功する人は「この不運から何を学べるのか?どう状況を改善できるのか?」ということを考えるようです。「レモンで相手の目潰しをして、その瞬間に逃げられないか?その間に打撃を加えられないか?もしかしたら相手はレモンが大好きで、あげたら見逃してくれないか?」などなど。

まぁこんな状況は意味不明ですし、実際は起こり得ないかもしれませんが、この「認識を変える」というのは大切なことな気がしてます。そしてここが僕の課題でもあります。

 

例えば今僕は仕事面・家族面ともにかなりネガティブに捉えてます。

 

仕事・・・先輩が一人抜け、後輩が来た。そのためやったことのないマネジメントもやりつつ、自分の仕事もがっつり。さらに自分の領域を超えた仕事も入ってくる。もう一杯一杯。責任も重大。

 

家族・・・母のヒステリック。親父の神経質さ。両親の喧嘩はえぶりでい。

 

仕事においては毎日「こんなの無理だ・・・」「やめたい」「誰か手伝えよ・・・」「上司はマネジメントできてねーじゃねーか」

家族については「なんでこんな底辺の家庭に生まれたんだ」「こいつら頭おかしい」

 

などと毎日ネガティブなことしか考えてないです。でもこれって苦しい環境を自分で作り出してしまっているっぽいですよね。

 

目の前に起こっている事実としては「他の人よりも多い量の仕事がある」「経験したことのない仕事がある」「夫婦げんかしている」ってことですもんね。

 

その事実に対して「無理だ」「やめたい」って認識しているのは僕自身ですね。もちろん未経験のことに対して無理だって思うのはある程度当然だと思います。だって不安ですやん。

 

少し見方を変えて「どんな成長が望めるか?」「何が得られるか?」ってことにフォーカスをしてみた方がワクワクして楽しい気分になりますね。

 

おそらく幸福に生きるためにはこの「認識力」が大切なのだと思います。

少しずつ認識を変えていきたいなと思いました。

では。