読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメリのブログ

日々の失敗・キャリア・プログラミング・株・毎日の失敗等。誰かの役に立てれば幸いです。

『17卒就活生 面接苦手な人必見』現役人事が教える面接攻略法

みなさんこんにちは。


いよいよ年もあけて就活が本格的に進んでいる学生も多いのではないでしょうか??


本日は面接に苦手意識を持っている人向けに「面接の攻略法」をお伝えしたいと思います。
(注:大したことはいいません。)


面接はコミュニケーションなので、「伝える」と「聞く」という2つの要素から成り立ちます。
さらに「伝える」という要素を分解していくと、「話す内容」・「言語によるコミュニケーション」・「非言語によるコミュニケーション」に分けられます。
「聞く」というのは「相手の質問の意図を理解する」ということです。

これだけの要素に分解できるので一口に「面接対策」といっても、各要素に合わせた対策が必要になってきます。


そこで今回は「相手の質問を理解する」という切り口で面接対策をお伝えできればと思います。


先日ある学生さんと面談していた時に、非常にもったいないなと感じることがありました。

その学生さんは幅広い分野の知識を持っていて、明確な自分の見解を持っていたので、正直社会人と話をしているような感じがしました。


しかし、コミュニケーションをとっていて、一つだけ気がかりな点が。


それは、私の質問の意図を理解していないがゆえに、こちらが本当に聞きたい内容が回答として返ってこない。


だから会話がどうもかみ合わない。


これは非常にもったいないことです。

ビジネスは人と人のコミュニケーションが基本です。どんなに素晴らしい、情報や思考能力を持っていたとしても、相手の発言の意図や気持ちを理解できなければビジネスは円滑に進みません。

例えば恋愛するときをイメージしてください。目の前に好きな人がいたら「どんな人がタイプなの?」と質問するのではないでしょうか?
この質問って自分をその好きな人のイメージに合わせ、少しでも好印象を得ようとしたいから、質問する訳ですよね。

面接もこれと同じで、必ず質問する意図があります。

「志望理由は何ですか?」「学生時代頑張ったことは何ですか?」など、オーソドックスな質問にも必ず質問の意図があります。

定番の質問にも改めてその質問の意図を考え、回答例をブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか??

では!!